« ウクライナ色のアイリスについて | トップページ | 季節の花1月  日本水仙  »

2023年6月 7日 (水)

野薔薇のこと

今年も野薔薇が良く咲いた。一気に咲いて一気に散る。桜のようだ。

特に植えたわけでなく、勝手に生えたものだ。元は、小鳥の糞に種が入っていたものだろう。

地元にある野生種、つまり風土に即した植物なので、わざわざ育てる手間もない。育たぬ理由もない。

難といえば、爆発的に拡大するので剪定で抑え込むことに手間がいることだ。

Photo_20230607205201 

花もあれば、実もある。秋に生った実を集めてみた。こういうのを珊瑚色と呼ぶのでは?

ずいぶん安上がりだ。

Co_20230607205301

ところで野薔薇と幕末のエピソード。

ざっとこんな話だったそうだ。

幕末に英国大使館に相当する建物を建てる計画があった。そこがいかにも英国なのだが(日本だったら桜であろう)、薔薇を植えたいと計画したそうだ。といっても、ヨーロッパからいかにもイメージどおりの薔薇ってものを簡単に運ぶわけにもいかず、とりあえず日本の野薔薇で代用しようとした。

しかし、例によって攘夷派テロリストが、そのテロ活動の一環として当該建設中の建物を燃やしてしまった、、、。

これは、外交官、アーネスト・サトウの残した記録にある話。

 

 

« ウクライナ色のアイリスについて | トップページ | 季節の花1月  日本水仙  »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

無料ブログはココログ